Top:育児パパの子育て日記しつけ>2歳児しつけ
2歳児しつけ
2歳児のしつけとして育児子育ての中でどんなことをしていただろう。

2歳児は、しつけ以前に、歩くことが結構自由になり、言葉が始まり、自分の意思を強く言うようになってきていたと思う。

そこで、2歳児のしつけは、少しだけ社会的な決まりごとのような、挨拶や友達関係を丁寧にやろうとしていたように思える。2歳児の頃は民間の保育園に通わせていたので、しつけとかはほとんど、保育園の先生にやってもらってたかもしれない。

また、電車や図書館など公共施設での理解も2歳児のころから静かにさせるだけでなく、しつけとしてなぜかを言っていた。

特に2歳児のしつけとして考えてはじめたわけではなく、歩き出し、話し始めることでより広い社会に出発した。段階から、しつけというか教えるという必要があったということだと思う。

しつけということに子供を従わせるのではなく、子供の成長にしたがって育児子育ての過程で教えるべきことやしつけておかないと困ることがあるということなのかもしれない。
| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連カテゴリー:しつけ | 編集
この記事へのコメント
sublateさん
コメントありがとうございました。

4歳児のパパなのね。
保育のお仕事をされてるのかしら?
とても真面目な保育論に感心しました。

うちの息子はもう中2なので本当は「子育て日記」になってないけど、よろしければまたお寄りください。
Posted by HANA at 2006年07月09日 09:06
早速遊びに来ました。
しつけって難しいですよね。
普段からしてないと子供ができるはずもないし…
少々嫌々って言う時期が来てるので頭を悩ませています。
Posted by まーごママ at 2006年07月09日 16:17
コメントありがとうございました!
うちの子はもうすぐ1歳10ヶ月になるんですが
最近ものすごくワガママになってきて
魔の2才児の片鱗が見えてきています。。。
普段の生活の中で、必要な事をしっかり教えていかなければなりませんね。
よろしければまた遊びに来てください。
Posted by みつき at 2006年07月09日 16:18
to みつき
ワガママでも意思がはっきりしているとそだてがいがあっていいですね。
Posted by at 2006年07月10日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。