しつけ箸
しつけで箸というのどうすればいいか最近考えています。というのも、この前の夏祭りで子供の友達が結構上手に箸を使っていたからです。できるだけ早いうちに使えるようになってもらいたいんだけど。

箸をしつけるには、その前に、箸を使えるだけの筋力が手にないといけないようです。また、うまく使えるまでしつけを続けないと成長して修正するのは大変なようです。

練習用の箸を、買うか作るかしてみようと思っています。そんなに難しいつくりにはなってないようなので、割り箸で作ってみようかと思います。

たぶん最初にできないのは、微妙な手加減で箸を動かすことで、×なってしまったり、落としたり、うまくつかめなかったり。だと思う。しつけの結果、箸が使えるようになるとすごくうれしんじゃないかな〜

ということで、そろそろ箸の練習を開始したいと思います。

手が器用になって、脳が刺激され、発達し、ご飯がおいしく食べれるとさらに大きくなるかも。最近4歳になったけど、身長は小学生並みです。食欲はどうなるだろう。

箸の練習のための役立ち道具があります。段階的に指先の繊細さを身に付けていくということだと思います。少しづつ鍛えていくのか、生活の中で鍛えられるのを待つのか。もう4歳だしそろそろ箸が使えたほうがいいような気がする。




指先まで固定する方法と手を固定させて指は訓練する方法との2つだと思います。どれくらいやれるかわからないので両方試してみようと思います。どれくらいで使えるようになるのかわかりませんが、できるようになったら追加したいと思います。

エジソンのお箸【人よせ雑貨 卸マッセ!】
| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連カテゴリー:しつけ | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。