Top:育児パパの子育て日記自然育児>釣りの自然育児
釣りの自然育児
昨日は、35℃くらいで日中もっとも暑い、12時から2時くらいに河川敷へ釣りの自然育児へと行きました。

2日前の釣りの自然育児で、子供が釣りが上手なおじさんから魚をもらったり、自分も釣り方を教えてもらったり交流したので親子で釣りをしたいという欲求が強まっていました。

釣りの自然育児としては、絶好の天気予報では曇りの予定だったけど、完全な炎天下。雨用の傘で光線を防ぎつつ釣りの自然育児を開始。

針が石や草に絡まったり、洋服に引っかかったり。また、針から浮きの長さがたりなかったとのか、えさが悪かったのか。初心者には、問題点ばかり気になり釣ることもできませんでした。

子供も早々と飽きてしまって、水浴び場に移動して遊びました。

釣りの自然育児の成果を考えるほどの余裕はなかったけど、テトラポットに上がってる大きな自然の亀や初めて殿様バッタを虫取り網で捕まえたのと、そのバッタを強くつかみすぎて殺してしまった。という経験をしました。

自然の中で実体験として、生き物の生活や生死を感じる。想像力の乏しい現代の必要性という悲しき釣りの自然育児。というほどでもない。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連カテゴリー:自然育児 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。