トップ:育児パパの子育て日記>子育ての法律
子育ての法律の記事一覧
育児休業法制度
育児休業法制度は、働く人が家庭生活と仕事を両立しやすいように作られた法律と制度です。

本当は、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律というもので、要は、働いてる人が育児や介護で休まなくてはいけないときに、休みやすいように法律で決めたものです。

育児休業法制度では、基本的に1歳になるまでに1回だけ長期の休みが取れます。保育園に入れなかったりすると1歳6ヶ月まで休めるようになったようです。

また、最近の働き方の変化に合わせて、育児休業法制度も改正されて、たぶん派遣やパートとかにより合わせる形で育児休暇を取れる基準が改正されたようです。

実際は、取れても満期で取れることは少ないだろうし、会社側としても負担が重いように思えます。とろうとすると嫌な顔をされること間違いなしだと思います。

そのほか、小学校前の子供がいると病気のとき年に5日休みが取れたり、働き方や転勤などもあわせてもらえるようです。
育児休業給付金手当て
シェアブログikujiに投稿

育児休業給付金の手当ては、育児休業中に手当てがないとなると育児休業を取りにくくなるので、そのための給付と、また働くときに働きやすいようにや働きたくなるように支払われる給付があります。

育児休業給付金の手当ては、育児休業中は上限下限があるけど、大体働いていたときの30%くらいがもらえます。職場復帰の給付金は再就業してから6ヵ月後に、大体働いていたときの給料の10%を育児休業をした月数分もらえると思います。

手続きは、自分で行うのではなく、会社がハローワークにいろいろな書類を提出して行うようです。なので、会社の支持にしたがって、書類や母子手帳などを準備する必要があるようです。

育児休業給付金の手当ては、もらえるだけありがたいという人と少なすぎるという人と別れるように思えます。基本的に共働きを当然念頭においてるのでもらえるだけありがたいと思うのが普通かと思います。

職場復帰の給付金というのは必要なのかちょっと疑問です。6ヵ月後ではなく、最初の月ならある程度理解はできますが。
産休育児休暇
産休育児休暇は産前休暇と産後休暇があります。

産前育児休暇は出産予定日の42日前(多胎の場合は98日前)から出産日まで。

産後育児休暇は、出産日の翌日から56日目までが強制。ただし、産後42日を経過して医師が支障が無いと認めた場合は就業することができます。

産休育児休暇を取るのは当たり前だけど、これでも嫌がられる会社は多いようです。また、42日前といっても相当おなかは大きくなっているし、煙草や仕事のストレスのことを考えるともっと早く産休育児休暇には入れるほうがいいと思う。

働く人にとっての問題は、産休育児休暇から帰ってくると、職場で自分の居場所がなくなっていたり、部署を変えられたり雰囲気が冷たかったりとさまざまで、それに耐えられず転職する人も少なくないようです。

社会として、産休育児休暇や育児休暇をどう考えるかということが重要だと思います。
産休育児休暇の給料
産休育児休暇中の給料は、法的に決まりがあるわけではなく、会社によって給料が出るか出ないか違いがあります。出産手当金として健康保健から、60%くらいが支給されます。

しかし、会社から給料が出る場合は、産休育児休暇中の給料として出産手当金と育児休業でもらえるお金の合計から給料が差し引かれて支給されます。給料のほうが多かったら支給されません。

確かに仕事や経済的に不安な中で子供を産むということはあまりよくないことだし、困るので産休育児休暇中の給料はいい制度だと思います。

出産を期に仕事を止めてしまう人が多くいますが、いろんな制度あるので続けたほうがいいような気がします。もったいないというより、もらってから止めても遅くないという意見を言ってみました。
男性の育児休暇
男性の育児休暇の取得率は1%にもとどいていないということです。もともと社会がそういう合意のもとに成り立っているので、厚生労働省がどれだけがんばってもその目標10%は到底ムリなように思えます。

子供を産みやすくするにはいろいろあって、この考え方は育児の分担の話で、家族内、夫婦間での分担です。しかし、分担できる時間は限られています。男性に育児休暇をとらせるという発想は無駄が多いように思えます。

特に母乳育児を基本としてきた家庭としては、母乳を飲みながら母親の胸のなかで眠る子供と父親に粉ミルクを定期的に飲まされる子供とどちらが人間的だろうか。

学校の昼食時に、カロリーメイトをかじる学生と弁当を食べる学生とは家庭に違いがあるのは確かだろう。

10%に達したとして、9人の母親がいる小さな公園にひとりの父親は行く気になれない。

どうせやるなら必要なことは、男性の育児休暇の取得率を50%にできるようにすることだと思う。保育園を整備して、男性の育児休暇の取得期間を短くして、男女の所得さをなくして...。

男性の育児休暇に何が問題か、環境全てに問題があるように思える。
出産育児一時金
出産育児一時金は健康保険に入っていれば支給されます。出産後に申請すれば2週間から2ヶ月くらいの間で振込まれます。支給額は、自治体や保険の種類によっても違いますが、30万円以上です。

出産育児一時金以外にも出産祝いとして自治体から2たり目からは100万円もらえたりする自治体もあるようです。微妙な地域に引っ越そうと思ったら調べてみる価値はあると思います。

だいたい出産費用は出産育児一時金の30万円をちょっと越えるくらいかかるので確実に手元に残ることはないと思います。

また、若くて学生結婚だったのでお金がなくて、病院の先生に、出産育児一時金が入ってから支払いしたいんですけどとお願いしたら、相当怒られた経験があります。結局親に借りました。

そんなお願いは絶対ダメみたいです。

その辺の自由が利くようになるとありがたいんだけど。
出産手当金
出産手当金は、健康保険や共済組合に加入している人が出産で働けないときにもらえる所得保障てきな手当てです。出産手当金をもらえるのは、働いている人や1年以上働いて止めてから半年以内の人、止めていても2年間継続できる任意継続している人などです。

だいたい給料の60%くらいを休んだ日数分もらえます。

出産手当金は非課税ですが、その他とあわせて100万円くらいを越えると地方税がかかるようになるし、130万円を越えると保険料も自分で払うようになります。

出産手当金請求書は、会社や社会保険事務所で専用の用紙を手に入れて産前、産後あわせて請求します。病院や会社で書いてもら文もあるので速めに準備したほうがいいと思います。

出産でもらえるお金は結構な額なので確実にそろえておきましょう。
育児手当
育児手当として代表的なものに児童手当があります。所得制限はありますが、2人目までは6歳まで、月5000円が2月、6月、10月の年3回、4ヶ月ごとに振り込まれます。

この育児手当の少子化対策としての効果は疑問ですが、庶民としてはたまにみて入ってるとうれしいです。月に五千円ではオムツとミルク代くらいにしかならないし、幼稚園に入ると幼稚園の学費が3,4万なので足しにもなりません。

その他の育児手当でうれしいのは、医療費の免除です。これはそうとう助かります。小さい頃はよく風も引くし、歯医者にも診断に行きたいし。自治体によっていつまで免除なのかわかりませんが、まだ続いていることを考えるとこれも6歳くらいまでもつんだと思います。

そして、まだもらってないけど、幼稚園の学費も補助されるようです。月に9000円くらい。

育児手当を少子化対策に使うのは無理があると思いますが、補助的にニーズにあってるものは続けて欲しいと思います。
少子化対策の子育て支援
厚生労働省の少子化対策の子育て支援の子ども子育て応援プランとして、0〜2歳の児童手当を5000円から1万円増加させるようです。そして、その資金が2000億円くらいになるようです。どれくらいの費用が必要かわかりませんが、その2000億円で保育園作って、生まれてすぐ入れるようにしたり、病気でも預けられるようになると、その10倍くらい節約できるし、共働きできるようになるんだけど。

厚生労働省の少子化対策の子育て支援の考え方には、子育て支援と働き方を変えることと経済支援があるようです。

そこで、少子化対策の子育て支援でうちとして経済的にどう変化するか考えて見ます。

経済支援 +5000円
働き方を変える。 幼稚園なので働き方がかわっても +0円
子育て支援 保育園に空があるなら共働きになって +20万

でも、保育園に入れるからといって、二人目をつくろうとは思わない。育てるのが楽になって、経済的にも楽になって、働きかたも家庭にあわせられるようになったら二人目を考えるかもしれない。

結局、日本の厚生労働省の少子化対策の子育て支援は全てが整備されていないということだと思う。何かに重きを置くと不公平感がでるので少しずつ整備していくのだと思うけど、子ども子育て応援プランでは、我が家の時間には間に合いそうにないです。
企業の子育て支援
企業の子育て支援は、最近動き出したという印象を受けます。前からやってるところもあるだろうけど、企業内で保育園を運営したり、フレックス制を導入したり、企業の子育て支援は、優秀な人材を企業内に出産後もとどめておくという狙いがあるとおもうけど、効果はまだまだでる段階にないと思う。

子育て支援企業のランキングが日本経済新聞に載っていました。
1位が松下電気、2位ヒューレットパッカードという感じでした。まずは、育児をしやすい雰囲気ができているので、育児休暇をとりやすい雰囲気だし、短縮の勤務時間とかが整備されているということで、松下電器は2年連続ということでした。

1位が松下電器というのはちょっと以外でした。3位の日本企業も老舗っぽくて以外でした。古い企業は、子育て支援に積極的でないというイメージは完全に間違いでした。必要性を認識した企業が積極的に行っているという当たり前の結果です。

企業の子育て支援は、一定以上の規模の企業はその方向性を示さなければならないように制度的になっている。

そして、中小企業でも子育て支援のための助成金などで、子育てしながら働きやすいようにすることが求められつつある。中小企業は財政的にも規模的にもできることが少ないので集中させて地域的にやっていく必要があると思う。

企業と労働者の間に立って、保育園を運営する会社も伸びてきていいるようでよくテレビなどのメディアで紹介されている。どこまでできるかということもあるけど、仕事を子供に合わせるのか、子供を仕事に合わせるのか。

環境に経済をあわせるのか、経済に環境をあわせるのかという環境問題の議論に似ている。都市部の緑化がよく叫ばれてるけど、公園に野生はない。いきいきとした躍動はなくなっていくんだと思う。

いつの間にか、子供の源泉は途絶えている。蛇口からこぼれ落ちる雫には経済性しかないのかもしれない。
育児保険
育児保険という考えが新聞紙上で紹介されたようです。要は、保育園や幼稚園とかを充実させるための税金を新しく作ろうって話です。新しく育児保険として保険料を取るとなると、結局は消費税の税率アップの考えと同じで、効率化してないのに収入を増やそうとする考えと同じように感じます。

親としても、育児関係でまだまだやれることは多いと思います。税金の使い道や増やしたほうがいいという意見は大体官僚か政治家か企業の言葉です。そこで、効率の悪さは社会のリスクだと考えて育児保険に賛成するか、理想の社会を叫び続けるか。また、賛成しつつ効率化をお願いするか。

日経新聞で書かれたという育児保険の記事。どうも日経というところが気になるような気がする。

3歳まで子供を通わせていた保育園の運営企業の社長がテレビで、育児関係予算を現金でそのまま親に渡すようにすべきだって言ってたけど、育児保険が官僚の理論なら、これは企業の理論です。

どちらが正しいのか、ほかにただしい道はあるのか。育児に関して、行政の支配を強めるのか、市場にゆだねるのか。

社会が力をあわせて子育てをする。そのシステムのために税金を使うという発想は出てきてもいい。
中小企業子育て支援助成金
中小企業子育て支援助成金は中小企業の子育て支援を促すと共に、それを財政的に支援するための助成金です。支給の条件を簡単に言うと、労働者が100人以下の中小企業に移育児休暇か育児のため労働時間を短縮する人がいたら、1人目の分は60万〜100万、2人目の分は20万〜60万を助成されるということです。

中小企業子育て支援助成金の期間も決められています。平成18〜22年までの5年間ということのようです。うまくいったら延長されることもあるかもしれない。

ポイントは、育児休業制度や短時間勤務制度について、労働協約か就業規則に規定したり、労働局に仕事と子育てを両立しやすい雇用環境の整備等についてどう会社として取り組むか行動計画を作って提出しないといけないということです。

中小企業子育て支援助成金が多いのか少ないのか良くわかりませんが、結構うまく作られた法律のように思えます。零細企業や家族的経営の企業はなんとなくうれしいような気がします。

このような政策を通して、子育てをしながらでもよりよく働ける環境が早くできるとうれしいです。
育児給付金
育児給付金には、出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金、乳幼児の医療費助成、児童手当金があります。それぞれ必要によって給付されますが、給付にはその資格が必要で申請も必要です。

出産一時金は、健康保険に加入していれば、出産後に出産費用として30万円以上もらえます。育児給付金のなかでは高額なほうです。

出産手当金は、健康保険や公務員の共済組合に加入していれば、出産の時、働けないという経済的損失をおぎなうための給付です。

育児休業給付金は、育児休業中に経済的支援をしてもらうことで育児休業を取得しやすくするための育児給付金です。

乳幼児の医療費助成は、乳幼児は病気にかかりやすいので医療費が無料になっています。

児童手当金は、月に5000円を4ヶ月分まとめて給付されます。振り込まれてるとちょっとうれしいです。

日本の育児給付は、北欧とかに比べるとだいぶ少ないと思いますが、育児給付を増やすことより、実質的な法制度として子育てをより支援するようになって欲しいと思います。
子育て支援事業
子育て支援事業は最近行うことが当たり前になってきて、競うように充実してきてはいると思います。しかし、まだまだ認知度も低いし、予算や人員も充実して欲しいとです。

東京都の自治体で子育て支援事業の実施状況を見ると、財政や必要によって少しさがでてるように見えます。そして、見える部分以外でも実際の風景はだいぶ違うんだと思います。

自分の住んでいるところでも、子供が生まれて4年間すんでいますが、存在すら知らないものがほとんどです。知られていなければ存在していないのと同じです。

多くの子育て支援事業は、今まで紹介されたことも市役所や文化センターで宣伝を見かけたこともありません。しかし、実施状況のまとめられた表でみると東京の自治体ではトップレベルに力を入れていることがわかります。

予算を組んで実施するところまでが役人の仕事という考えで、やってるのでどうしても検証や実施状況の評価や目標が十分ではないと思います。

もっとがんばてほしい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。